杜仲茶についての基本

杜仲茶は様々な健康効果を持つ健康茶です。そもそも杜仲というのは中国から東南アジアに広く生息する巨木型の植物で、杜仲科トチュウ属トチュウという物です。古くから漢方薬として使われてきました。杜仲の木の皮の部分である樹皮を乾燥させて、副作用の少ない上薬として使われてきた歴史があります。その具体的な効能には、血圧降下や血行障害改善、利尿作用や肝臓治癒の働きがあります。それ以外にも関節痛改善や様々な鎮痛効果もあります。

杜仲に含まれるイリドイド配糖体のゲニポシド酸という物質による血圧降下作用が認められており、これにより上記の効能が得られるという事です。杜仲茶の飲み方としては、食事を改善し運動をして、その上で飲むのが望ましい飲み方です。市販ではティーバッグや茶葉のままというのが多く、基本的には中国茶や紅茶と同じように飲むことが出来ます。ただし、成分を多く摂取しようとして、濃く入れすぎないように注意が必要です。これらの事に気をつけながら、無理なく毎日続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>