コエンザイムQ10の抗酸化作用と老化の説明と期待される効果について

コエンザイムQ10の抗酸化作用を詳しく説明すると、どのような事になるかというと、活性酸素というのは、細胞内にあるミトコンドリア呼吸鎖で生成され、活性酸素が増えてくるとそのミトコンドリアが損傷をうけ、異常をきたしたミトコンドリアが多くその中に蓄積をされていくことになるのです。このミトコンドリアは、呼吸や食物エネルギーに変える働きをしているので、損傷することでその働きが弱まり、それが老化につながっていくということになるのです。

よって、このコエンザイムQ10というのは、この活性酸素を増やす役目を押さえると共に、ミトコンドリア本来の役割を活性化させてくれるところがあるのです。このようなことから、このコエンザイムQ10というのは、特に心臓に関するところの病気の予防や改善に使用することで、狭心症・心筋梗塞・心不全などに対する予防や改善作用が期待され、高血圧や糖尿病などの予防や改善作用・抗酸化作用および抗ガン作用の働きも期待されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>